利回りよりも大事なこと

万一の際の収入源として資金投入したマンション投資であったとしても、不本意にも迷惑な存在になる場合も多いです。利回りは当然ですが、ポイントとしては継続して家賃収入があることが必須条件であるのです。

不動産から収入を得ることができる収益物件には、マンションの家賃などの利益だけでなく、購入価格と売却価格の差によって収益が出る物件も結構あるのです。賃料のような儲けは定期預金の利息と同じように「インカムゲイン」、買った不動産を高く売って得る収益は株やゴルフ会員権などの売買で得た儲けと同じく「キャピタルゲイン」と言われる場合もあるので、頭に入れておいてください。

収益物件と呼ばれているものは、住宅用の物件オンリーであると思っていたら大間違いです。例えばオフィスとして使われる収益物件もありますし、店舗に適した物件や倉庫に向いた収益物件もかなりの数があります。

マンション経営はアパート経営に取り組む場合と違い、建物丸ごと収益物件として投資するというのとは違い、1つの部屋を購入して始める不動産投資なのです。

マンション投資においては、安く購入できて利回りが高いという理由で中古を購入しようとする人が多数いらっしゃいますが、新築と同様、一番近い駅まで遠くない好ましい立地の場所に建っていることが重要だと思われます。

「買う時に用意しなくてはならないお金を低く抑えることができる」と評価されている中古を狙ったマンション投資ですけど、地方にある物件は購入してはいけないと言える理由は、地方に建っているマンションは空室状態が続いてしまうリスクが高いということからです。

自然の摂理として、今は無事な人もいつ倒れることがあったっておかしくはないのです。そんな万が一に備えてマンション投資に邁進すれば、いくらかは助けになるのではないでしょうか。

不動産投資というものは早々にスタートした方がいいと言われています。その理由の一つは、たくさん資料請求をして数々の物件を比較してみることで、鑑識眼ができるからだと言われます。

不動産投資に際して資料請求をした場合、「執拗に営業の電話がかかってくる」と考える人もいらっしゃるかも知れません。しかし資料請求ごときでは、営業担当も狙いを定める対象とは見なさないと思います。

これから投資を始めようと思っている人にとっても貴重な不動産投資セミナーは、マンションを購入する際の融資であるとかアパート経営の税金の話などに視点をあてており、セミナーの主題がはっきりしているという理由で大好評です。

海外不動産投資を考える際に、何にも増して注意を要するのは、大多数の海外不動産投資が「値上がりした物件の売却だけを当てにした不動産投資だ」ということなのだと考えます。

海外不動産投資などというのは、バブル期にあった強引な不動産投資を彷彿とさせ、失敗から学んでいる人はかなりギャンブル性が高いと感じてしまう部分もあるのでしょうけど、それは正しい判断と言えます。

資産を運用するために収益物件を取得する前提で物件を探していると、最初から賃貸契約を結んでいる人がいる物件が目に留まるようなこともあるでしょう。これはオーナーチェンジ物件というふうに呼ばれ、物件取得時から賃貸料を収入として計算できます。

「一括借り上げ」を開始してからトラブルが発生しやすいのは、「一括借り上げ」契約が事業者と事業者とが取り交わした契約であるわけですから、物件の所有者は消費者契約法の保護対象ではないということと、宅建法第35条の売買には当たりませんので、重要事項説明をする必要がないことが原因でしょう。

一括借り上げを促進している管理会社などは、「安定収入の一括借り上げ」などとCMをうっています。ですが契約の際には、詳しく内容を確かめることが求められます。